数学教育学セミナー / Waseda Seminars of Research on Mathematics Education

セミナーの概要 / Introduction

世話人: 宮川 健(早稲田大学教育・総合科学学術院)

数学教育学研究の普及と促進のため数学教育学セミナー(通称,早稲田セミナー)を開催しています.

本セミナーでは,発表時間とディスカッションの時間を多く取り,参加者のコミュニケーションを大事にしています.それにより,参加者が研究内容への理解を深めるとともに,研究を実際に発展させることができればと考えています.また,研究コミュニティの形成や大学院生などの研究者育成にも貢献できればと思います. 数学教育学の研究に関心のある学内外の皆様,お気軽に参加いただければと思います.

2023年度は,昨年度と同様に occasionnally に実施したいと考えています.開催方式はオンラインもしくはハイブリッドを考えています.セミナーに参加ご希望の方は以下のリンクからお申し込みください.オンラインの場合は,セミナーの前日に Zoom へのリンクをお送りします.

2023年度 参加申し込み / Registration form

なお,今年度は開催回数が少ないですので,2021年度以降にお申し込みいただいた方にも,年度中のすべてのセミナーについて案内をお送り致します.案内が不要な場合はお知らせください.また,2023年度のセミナーは,一昨年度,昨年度に引き続き,JSPS科研費「世界探究パラダイムに基づいた新しい教師教育の展開」(JP21H00924; 研究代表者:宮川健)のサポートを受けています.

以下はセミナーの記録及び予定です.赤枠で囲まれたものが次回です.「Seminar in English」とあるものについては,講演は英語で特に通訳はありません. 質疑は日本語でも結構です.英語のブラッシュアップの機会にしてください.もし「私も講演したい!」という方がいらっしゃいましたら,宮川 (tmiyakawa[at]waseda.jp) までお知らせください.

2023・2022年度

2023/5/20 : Seminar in Japanese

2023年度第1回目のセミナーです.鳥取大学の溝口達也先生にスペイン・バルセロナとの共同研究についてお話いただきます.

本講演会は,早稲田大学で対面で開催します.是非早稲田大学にお越しいただいてご参加下さい.講演会後に交流会も予定しています.また,遠隔地の方でも参加できるように,対面とオンラインのハイブリッド形式で開催します.多くの方のご参加をお待ちしております.

Date: Saturday 20 May 2023, from 15:00 to 17:00
Place: 早稲田キャンパス14号館 403教室(←変更になりました)
Speaker: 溝口 達也 (鳥取大学) 共同研究者:Marianna Bosch & Berta Barquero (バルセロナ大学)
Tatsuya Mizoguchi (Tottori University) with Marianna Bosch & Berta Barquero (Universitat de Barcelona)
Title: 教師教育における探究ストラテジー:大学生のSRPsとSRP-TE
Inquiry-based strategy in teacher education: Pre-service teachers’ SRPs and SRP-TE
Abstract: ATDの研究者でありそれを教師教育に用いる教育者は,異なるレベルからの重要な条件や制約のために,非常に異なった戦略を実践している。教師教育における研究は、活動やコースの分析に焦点を当てる傾向があるが,PedagogyやSchoolのレベルのような教授決定性水準の上位レベルを問うことはあまりない。
本発表では,大学生の計算尺の探究(semi-finalised SRPs)と探究授業の設計(open SRP-TE)の教授実践を紹介する。これらの活動の条件と制約を,その考察と設計のために提案されたdidactic toolsの観点から議論する。 大学生は,学校教育において探究を経験してきており,大学における他のコースでは問題解決授業の設計方法を指導されてきている。また,教育実習や実際の学校現場でも,この形式で授業が設計・実践されるケースが多い。本発表で検討する教師教育活動では、教授学研究で提起された探究ツールが、生徒の数学的活動の分析に有用であることが認められる。また、問題解決授業のための具体的な設計ツールは,探究学習を設計する際に必ずしもうまく機能しないことも見出された。
Educators who are researchers in the anthropological theory of the didactic (ATD) and use it for teacher education (TE) implement very different strategies because of important conditions and constraints from different levels. Research in TE tends to focus on the analysis of activities and courses, but rarely questions the upper levels of the scale of didactic codeterminacy, like the levels of Pedagogy or School.
In this presentation, the teaching practice of university students’ inquiry activities into the slide rule (semi-finalised SRPs) and the design activity of an inquiry learning (open SRP-TE) is introduced. The conditions and constraints of these activities are discussed in terms of the didactic tools proposed for their reflection and design.
Japanese pre-service teachers are experienced how to perform in their school periods, and instructed on how to design a structured problem-solving (SPS) lesson in other previous courses. Also, in many cases, lessons are designed and implemented in this format during teaching practice and in actual schools. In the teacher education activity considered in this presentation, some inquiry tools designed in didactics research appear useful for the students’ analysis of mathematical activities. The study also shows that specific design tools for SPS lessons do not always find their correspondence when designing inquiry learning.
資料:  

2023/3/31 : 講演会情報 (Seminar in English)

ドイツ・ブレーメン大学教授 Christine Knipping 氏による講演会が開催されます。本講演会は,JSPS科研費 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化B)のプロジェクト「数学授業における「数学的な言語活動」に対する日常言語の影響に関する国際比較研究」(研究代表者:真野祐輔)の一環で行なうものです。氏は,数学教育学において証明学習に関する研究を専門としており,アーギュメンテーションの分析手法などで著名な研究者です。ブレーメン大学博士課程院生の Fiene Bredow 氏とともに,これまでのアーギュメンテーション研究についてお話いただきます。

本講演会は,最初は早稲田大学での対面のみの開催と考えておりましたが,遠隔地の方でも参加できるように,対面とオンラインのハイブリッド形式で開催することとしました。講演会後に簡単な交流会も予定していますので,可能な方は是非対面でご参加下さい。

参加には申し込みが必要です。以下のリンクからお申し込み下さい。セミナーの参加申し込みとは異なりますのでご注意ください。多くの方のご参加をお待ちしております。

Date: Friday 31 March 2023, from 14:00 to 16:00
Place: Waseda Campus, Building 11, room 703
Speaker: Christine KNIPPING, Fiene BREDOW, University of Bremen, Germany
Title: ARGUMENTATION IN MATHEMATICS EDUCATION RESEARCH, 1980 - 2020: AN OVERVIEW
数学教育学研究におけるアーギュメンテーション:1980〜2020年の概観
Abstract: The increasing interest in argumentation in mathematics education research is related to understanding mathematics in a meaningful way. This focus on meaning has shifted the interest for proof and reasoning in mathematics education over time. Not only formal proofs, but informal proofs and different forms of mathematical reasoning related to the creation and understanding of mathematics have gained attention. How students and teachers learn and teach argumentation in mathematics classrooms has become a rich research field. Meanwhile, also argumentation analysis is established as a methodological approach to study mathematics teaching and learning. This lecture will provide insights into these research developments.
数学教育学研究におけるアーギュメンテーションへの関心の高まりは,数学を意味ある方法で理解することに関連している。この意味への注目は,数学教育における証明と推論への関心を時代とともに変化させてきた。形式的証明だけでなく,非形式的証明や,数学の創造と理解に関連するさまざまな形式の数学的推論が注目されるようになった。数学の授業で生徒や教師がどのようにアーギュメンテーションを学習し,指導するかは,豊かな研究分野となっている。一方,数学の指導・学習を研究する方法論としても,アーギュメンテーション分析が確立されている。本講演では,こうした研究の展開について解説する。(真野祐輔訳)
資料: 案内 (poster)
参加申し込みはこちらから https://forms.gle/u4fDi4x7MCKLcqe26 (Application Form)

2022/12/1 : Seminar in English

2022年度第2回目のセミナーです.現在 Visiting Scholar として早稲田大学に滞在中の台北市立大学教授・蘇意雯氏に数学史を用いた数学教育についてお話いただきます.対面とオンラインのハイブリッド形式で実施したいと思います.久しぶりに対面です.是非ご参加下さい.

Date: Thursday 1 December 2022, from 16:30 to 18:00
Place: Waseda Campus 14-717 and Online (Zoom)
Speaker: Yi-Wen Su, University of Taipei, Taiwan
Title: The Development and Implementation of Lesson Plans for the History of Mathematics in Taiwan
Abstract: This study primarily represents a collaborative effort between researchers and in-service teachers in designing teaching activities and developing history of mathematics lesson plans for primary and secondary school students in Taiwan. At first, we studied and analyzed relevant literature documents for 12-year basic education to identify available and valuable materials. The development of lesson plans was followed by a validity check, on-site teaching, and result evaluation. The research aimed to collect, discuss, and investigate the related history of mathematics literature to develop materials and resources for teaching in primary and secondary schools. The research process and results demonstrated that the developed history of mathematics materials had a positive effect on the students and also displayed the feasibility of integrating the history of mathematics into primary and secondary school mathematics teaching. We hope this study can provide valuable information to practitioners in mathematics education and enrich the database for the history of mathematics.
Resources:

2022/11/4 : Seminar in English

2022年度第1回目のセミナーです.以前筑波大学にいらっしゃいました,コスタリカの Diego Solis Worsfold 氏にプラクセオロジーを用いた教科書の国際比較分析についてお話いただきます.時差の関係で曜日と時間がいつもと随分異なります.ご注意ください.

Date: Friday 4 November 2022, from 19:00 to 20:30
Place: Online (Zoom)
Speaker: Diego Solis Worsfold , Costa Rica
Title: Comparing elementary school textbooks of China, Japan, and Malaysia: A Praxeological and Developmental Progression Analysis regarding length measurement
Abstract: This study analyzes the instruction and organization of the measurement domain by comparing textbooks from China, Japan, and Malaysia. Focusing on length measurement, we adopted the use of praxeology from the Anthropological Theory of the Didactics as a framework to reveal the knowledge to be taught in the transposition process, and developmental progression of levels of thinking from Learning Trajectories as a framework to reveal the mental processes or actions generated to achieve the learning goals from the domain. The findings are assembled in three dimensions: types of tasks, accumulation of practice blocks per thinking levels, and instruction sequences. The results indicate that all three countries promote, in different degrees according to their education goals, the development of measurement knowledge by: understanding how to use measurement tools, coordinating the relationship between standard units, and estimating measurements. Lastly, the theoretical framework is proposed as a tool to justify instructional decisions.
Resources: