過去のセミナー / Previous Seminars

数学教育学セミナーに戻る

2021年度以前 / Before 2021

2022/1/26 : Seminar in English

2021年度第9回目のセミナーです.カナダ・モントリオール大学の Alejandro S. González-Martín 氏に大学工学部における数学教育についてお話いただきます.時差の関係で曜日と時間がいつもと随分異なります(最初は22:00からとしていましたが21:30からになりました).ご注意ください.夜が遅いので逆に都合の良い人もいるかもしれません.

Date: Wednesday 26 January 2022, from 21:30 to 23:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: Alejandro S. González-Martín, Université de Montréal, Canada
Title: Tools from ATD for the analysis of practices and to design interventions. The case of mathematics in the training of engineers.
Abstract: In this presentation, I summarise the main points of a recently accepted book chapter co-written with Berta Barquero and Ghislaine Gueudet. In recent years, there has been a considerable increase in the number of studies examining the role of mathematics courses in engineering students’ education, identifying some important differences between the way mathematics is taught to engineering students and how engineers actually use mathematics in the workplace. The anthropological theory of the didactic (ATD) offers a useful framework for investigating these issues, as well as for designing innovations in mathematics and engineering courses. Using examples, we demonstrate how praxeological analyses can uncover differences in the way mathematical tools are used in mathematics courses and engineering courses. We also provide examples of implementation of study and research paths (SRP) aimed at reducing the gap between educational and professional practices with respect to mathematics for engineers.
Resources: González-Martín, A.S., Barquero, B., & Gueudet, G. (accepted). Mathematics in the training of engineers: Contributions of the Anthropological Theory of the Didactic. In R. Biehler, G. Gueudet, M. Liebendörfer, C. Rasmussen & C. Winsløw (Eds.), Practice-Oriented Research in Tertiary Mathematics Education: New Directions. Springer.

González-Martín, A. S., Gueudet, G., Barquero, B., & Romo Vázquez, A. (2021). Mathematics and other disciplines, and the role of modelling. In V. Durand-Guerrier, R. Hochmut, E. Nardi, & C. Winsløw (Eds.), Research and development in university mathematics education (pp. 169–189). Routledge.

2021/12/16 : Seminar in Japanese

2021年度第8回目のセミナーです.高知大学の袴田氏に大学での教員養成における統計の探究型学習に関する研究についてお話いただきます.

Date: Thursday 16 December 2021, from 16:30 to 18:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: 袴田綾斗 (Ryoto Hakamata), 高知大学
Title: ブルソーの「推測ゲーム」を題材としたSRP-TE:ATDにおけるモデリングとしての特徴付け
Abstract: このセミナーでは,教員養成課程に所属する学生が行った確率統計領域における探究について,教授人間学理論ATDにおける諸概念を用いた記述および分析の結果を報告する。この探究は,Guy Brousseauらが考案した「推測ゲーム」を題材としてSRP-TEの文脈で実施されたものである。分析の報告にあたっては,プラクセオロジーの概念だけでなく,その構成過程のモデルである教授契機didactic momentsや,ATDにおけるモデリングの解釈についても紹介しつつ,当該の探究の特徴について議論したい。
Resources:

2021/11/25 : Seminar in English

2021年度第7回目のセミナーは,スペイン・バルセロナ大学の Berta Barquero Farràs 氏に教師教育における探究型学習 (SRP-TE) についてお話いただきます.Barquero氏は,ATDの枠組みで数学的モデル化に関する研究をされており,非常に活躍されている若手研究者です.開始時間がいつもと異なり30分早くなっております.ご注意ください.

Date: Thursday 25 November 2021, from 16:00 to 17:30
Place: Online (Zoom)
Speaker: Berta Barquero Farràs, University of Barcelona, Spain
Title: Turning mute into sound modelling praxeologies in teacher education: the cake box
Abstract: This talk will start by presenting a teacher education proposal that has been implemented with preservice primary school teachers at the University of Barcelona. Teachers in training have been asked to address a modelling problem about the “cake box” before describing their activity using new discursive and conceptual tools to identify the praxeologies mobilized. The analysis of the dialectics between systems and models and the questions-answers maps are proposed to examine the productions of pre-service teachers and to analyse the enrichment of teachers’ discourses—the logos— to explain and analyse the modelling praxis.
Resources: Youtube video

2021/10/14 : Seminar in Japanese

2021年度第六回目のセミナーです.大阪府立大学の川添氏に大学における数学教育に関連する研究についてお話いただきます.

Date: 2021年10月14日(木)16:30 から18:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: 川添充 (Mitsuru Kawazoe) , 大阪府立大学
Title: 数学の活用の視点から数学的知識の存在理由を捉える認識枠組みと教員の認識
Abstract: 数学的モデリングなどの現実場面での数学の活用を扱う授業について,Artigueは,興味深いが孤立した課題を設計してしまう罠に陥らないためには教えるべき数学的知識の存在理由を見出すための認識論的分析が不可欠であると指摘している.このセミナーでは,Artigueの指摘を受けて,非理工系大学生に対する数学的モデリング教育の授業デザインの基礎づけを目指して行った考察について紹介したい.前半では,既存の教育実践を振り返ることにより構築した数学の活用の視点から数学的知識の存在理由を捉える認識枠組みについて紹介する.後半では,この認識枠組みが数学的モデリング教育の実践と改善に有用であるかどうかを検証するために,数学的モデリング教育に従事する4人の大学数学教員に対して行ったインタビュー調査の結果について紹介する.
Resources: Youtube video

2021/09/09 :

2021年度第五回目のセミナーです.スウェーデン・イェーブレ大学の浅見氏に教師教育に関連する研究についてお話いただきます.In this seminar the slides of presentation will be in English, while the talk will be in Japanese.

Date: Thursday 9 September 2021, from 16:30 to 18:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: Yukiko Asami-Johansson (University of Gävle, Sweden)
Title: Conditions and constraints for transferring Japanese structured problem solving to Swedish mathematics classroom
Abstract: In this seminar, I will present a case study that investigates to what extent a specific theory and a practice of mathematics teaching - the Japanese structured problem solving can be transferred and applied in a new context (Sweden). The analysis is based on tools from ATD. It turns out that the Swedish teacher can manage the didactic techniques, which are supported by a didactic theory shared within the community of Swedish teachers. However, there are common didactic techniques within the Japanese structured problem solving approach for which this is not the case, and which were indeed difficult to manage for the Swedish teacher. Further, an ecological analysis on the underlying conditions and constraints that brought about this phenomenon will be presented.
Resources: Youtube video

2021/07/08 :

2021年度第四回目のセミナーです.北海道教育大学釧路校の大滝孝治氏にATDの視座からの教師教育についてお話いただきます.日本語でのセミナーです.

Date: 2021年07月08日(木)16:30 から18:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: 大滝孝治 (北海道教育大学釧路校)
Title: SRP-TE:世界探究パラダイムのための教師教育
Abstract: このセミナーでは,探究型の学校教育に対応するための教師教育の取り組みとして,教授人間学理論ATDにおける「SRP-TE」(教師教育のためのStudy & Research Path)を紹介する。紹介の方針は,先行研究のレビューではなく,自身の経験の整理・理論化である。SRP-TEには数学的な探究の側面と教授学的な探究の側面とがある。こうした特徴から,SRP-TEは,「活動・探究としての数学」という数学の認識論と,「知識の普及の科学」である教授学の理論とを,ともに実感をもって学ぶための有望な指導形態である。
Resources: Youtube video

2021/06/10 : Seminar in English

2021年度第三回目のセミナーです.イタリア・トリノ大学博士課程院生の Riccardo Minisola 氏にお話いただきます.オンラインセミナーの良いところは,発表者・参加者がどこにいてもセミナーができるところです.

Date: 2021年06月10日(木)16:30 から18:00
Place: Online (Zoom)
Speaker: Riccardo Minisola (University of Turin, Italy)
Title: Lesson Study in Italy: example of Boundary Crossing
Abstract: Part of a PhD project on the transposition of Lesson Study from the Japanese to the Italian institutional context is presented. Lesson Study is considered a boundary object, made of dynamic components that crosses the boundary between the researchers’ and teachers’ communities. The components are investigated analysing the evolution of the praxeologies of the involved communities, and the learning mechanisms enabled in the boundary crossing. This presentation focuses on the findings from the first experiment with prospective teachers in a professional development course at the University of Turin.

2021/05/27 : Seminar in English

2021年度第二回目のセミナーです.客員教員として名古屋大学に半年間滞在中の Stéphane Clivaz 氏にお話いただきます.せっかく日本にいるので, 難しいかもしれませんが,可能であれば対面も入れてハイブリッドで 開催しようかとも考えていました.しかし.コロナ禍が全然収まらないため,オンラインで実施します.

Date: 2021年05月27日(木)16:30 から18:00
Place: Online (Zoom) or Hybrid
Speaker: Stéphane Clivaz (Nagoya University & HEP Vaud, Switzerland)
Title: Towards a Dialogic Analysis of Mathematical Problem-Solving Knowledge for Teaching in a Lesson Study Group
Abstract: This contribution presents an ongoing study of dialogic interactions in a Swiss lesson study group about the teaching of problem-solving in mathematics. The presentation focuses mainly on the construction of the grid of analysis, its roots in previous research and its potentiality to analyse the specific dialogic role of each facilitator and teacher during the phases of lesson study process.

2021/04/22 :

2021年度第一回目のセミナーです.兵庫教育大学の濱中裕明氏に最近の研究成果についてお話いただきます.

日時: 2021年04月22日(木)16:30 から18:00
場所: オンライン (Zoom)
講演者: 濱中裕明(兵庫教育大学)
題目: タルタリアの三角形の一般化に関する教材研究:探究型数学学習の実践開発に向けて
要旨: 2008年に中央教育審議会答申において「習得・活用・探究」という学びのプロセスが示され,単に基礎的・基本的な知識・技能を身につけさせることを超えた,活用や探究といった学びの重要性が示された.このような探究型の学習の重要性は国内だけにとどまらず,Chevallardによる教授人間学理論などをはじめとして,世界的に広まりつつある数学教育研究の流れともいえる.しかし,実際に普段の授業のなかに探究型の学習活動を取り入れようとしたとき,課題となるのは適切な探究課題の設定である.ここでは,連続する整数の和に関する等式という極めて素朴な題材の教材研究から,それを探究型の教材として実践に取り入れるまでの最近の研究成果を紹介したい.
記録: Youtube video

2020/01/11 : 教師教育セミナー

この度,教師教育をテーマに数学教育学のセミナーを開催することになりました.発表者には,日本で一年半のポスドク研究生活を送ってきたヴァレリー・バトーさんを始め,日本からも二名の先生にお話いただきます.三者三様のアプローチで教師教育(特に日本の)の深い理解へと迫ります.インフォーマルにいろいろな議論ができればと考えています.お気軽にご参加ください.

日時: 2020年01月11日(土)13:00 - 17:30
場所: 早稲田大学早稲田キャンパス14号館717教室
講演者・題目: Valérie BATTEAU (Waseda University & HEP Vaud, Switzerland)
Interventions and choices of primary school teachers during the collective teaching for the development of mathematical thinking

Keiko HINO (Utsunomiya University)
Learning pathway of mid-career teacher in a mathematics professional development program: Focusing on growth of teacher's perspective

Koji Otaki (Hokkaido University of Education)
A struggle of epistemological vigilance for doing “scientific” research on lesson study
詳細はこちら

数学教育学セミナーに戻る